小児矯正

HOME > 小児矯正

小児矯正

乳歯と永久歯が混在して生えている期間(およそ6歳~12歳)に行う治療です。
この期間の治療は個々の歯を動かす成人の矯正とは異なり、骨格のバランスを整える治療です。
骨格のバランスを整えながら永久歯の生える位置を誘導し、将来ひどい不正咬合に陥らないようにするのが目的です。
成人矯正に比べシンプルな主に夜間のみ使用する取り外しのできる装置を用いるため痛みが少なく歯磨きや装置のお掃除がしやすい設計になっています。
取り外しができるということはお子様への装置のストレスが少ないこともメリットです。
この時期の治療がうまくいくと、ひどい不正咬合にならないためその後のワイヤー矯正の難易度が下がり、なるべく歯を抜かずに治療することができます。